フコイダン総合サイト

-「癌対策の救世主」-

☆トップ
☆フコイダンの基本
☆フコイダン製品を使う基本
☆闘う癌を知ろう
☆良質フコイダンショップ

4396110014
知らずに亡くなる年間30万人

☆フコイダンリンク

他のフコイダン情報

●フコイダンを使用する上での基本的な事柄


●フコイダンには液体状・粉末状・カプセル状とあるけど、どれが一番効くの?
  • 分子量が小さい液体状の物が、最も吸収率が高く、吸収速度も速いとされています。それに直接フコイダンが触れない部位の癌の場合は、腸などでフコイダンが吸収されて、血液に乗ってその部位まで届きます。すなわち、吸収効率と改善率は比例していると言われています。
●一日の摂取量はどれぐらい?
  • フコイダン製品にも寄りますが、紹介している商品では健康維持には 30 〜 60ml を一日 1,2 回に分けるのが良いとされています。とはいえ、多くが健康補助食品のため飲み過ぎては駄目と決まっているわけではありません。末期の場合は、それこそ一日 500ml ほど飲まれてもかまいません。詳しくは販売店にお問い合わせください。
●飲んでどれぐらいで効果が出ますか?
  • 個人差がありますので一概には言えません。ガンの場所や進行具合、体質や年齢などによって期間が違います。一般的に高齢の方は、フコイダンによる改善が出るまでの期間が少し長いようです。
  • 癌患者のほとんどの方は、体温が低くなってしまうのですが、これが解消される場合が多く見られます。体温が上がるということは、免疫カも上がると考えられます。
●どのくらいの期間飲み続けたらいいの?
  • 3 〜 6 ヶ月位が目安になります。早い方では 1,2 ヶ月で腫瘍マーカーなどに変化が出てくるようです。
●どんな治療をしていても飲んでいいの?
  • 健康補助食品ですので食品と同じで特に問題はありません。気になる方は医師、薬剤師にご相談ください。
●「癌」なら何でも利くの?
  • フコイダンが直接触れる胃癌・直腸癌のような消化器系、そして直接触れる口腔癌・舌癌などの癌改善率は 80% 前後と非常に高いです。その次に改善率が高いのは、血流の盛んな臓器です。こちらは 70% 以上となっています。フコイダンは血液に吸収されやすくなっているため、血液の多く集まる臓器の癌(肝臓癌・肺癌)や血液癌(白血病)などにも高いのが分かります。ただし何でもバラ色かというとそうではありません。 体の奥の臓器、つまり血流のあまり活発でない臓器(胆のう・卵巣)の癌は若干改善率が下がり 50% 前後となります。また、すい臓癌の改善率は 48% と唯一 50% を切ってしまいます。これはすい臓が消化酵素を作り出すため、ややフコイダンの効力が下がるためです。